2018年05月26日

トリフェーン→仮想通貨NEM流出→続く雑談

【トリフェーン】

ギリシャ語で三つの顔を意味するといわれるトリフェーン。

ブラジルで1877年に発見されたんだそうです。

シリア奇跡のひとつで黄色いそうです。

リチウムが含まれているそうで、工業的にはリチウム資源として見る人もいるようです。

リチウム電池などリチウムの需要がけっこうありますからね。






【仮想通貨NEM流出】

仮想通貨の流出を出したの仮想通貨取引所大手のコインチェックです。

2018年1月のことで、不正アクセスを受け、保管していた仮想通貨NEM(ネム)のほぼすべてが流出しました。

その規模は約580億円分で、約26万人だそうです。

2014年のマウントゴックス越えとなったのでした。






【アービトラージ取引】

「裁定取引」とも呼ばれるものです。

日本の株式市場では、日経平均と日経平均先物を対象とした取引があります。

ノーリスクに見えますが、高い専門性とノウハウも必要みたいです。

投資については、いろんな知識が必要ですし、失敗しないためには自分の頭で考えることですね。





続きを読む
タグ:リチウム
posted by bukakun at 03:08| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年05月21日

トパーズ→ビットコインバブル→続く雑談

【トパーズ】

無色から黄色のものが多い宝石です。

イメージ的には黄色かもしれませんが、いろんな色があるようです。

たとえば青色のものは、放射線処理によって発色させた加工品もあるそうです。

日本でも少しなら算出しているそうです。

11月の誕生石でもあり、そこそこ認知度の高い宝石です。





【ビットコインバブル】

ビットコインの値上がりで大きな利益を手にした人もいます。

一方で、2018年の1月の急落で泣いた人もいます。

まだまだ勢いがありそうだったのに、バブルって怖いですね。

ちなみに仮想通貨での損失は、税金上、株やFXと違います。

損失を繰り越すことができないだけに、嫌なタイミングの急落です。





【イデコ】

イデコ(iDeCo)は、確定拠出年金の個人型です。

国民年金や厚生年金に上乗せする私的年金のひとつです。

掛け金を企業が払うのを企業型、個人が払うのを個人型といいます。

掛け金が所得税の控除対象になるメリットがあります。

そのかわり原則60歳までは引き出せないです。



続きを読む
タグ:宝石
posted by bukakun at 05:17| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年05月16日

トパゾライト→日本証券業協会→続く雑談

【トパゾライト】

名前の由来がトパーズに似ているからだそうです。

黄色の石で、アンドラダイト系のガーネットです。

アンドラダイト系のガーネットといえば、薄い黄緑色のデマントイドは宝石としてアメリカで人気なんだとか。

トパゾライトもきれいな石ですし、パワーストーンではあるようです。






【日本証券業協会】

JSDAがその略称です。

日本国内のすべての証券会社と登録金融機関によって設立されています。

日本証券業協会となったのは1992年のことです。

もともとのルーツは、1949年設立の日本証券業協会連合会でした。

ちなみに団体の種類としては、認可金融商品取引業協会です。





【きらぼし銀行】

2018年5月に、八千代銀行を存続行として、東京都民銀行・新銀行東京との合併でできた銀行です。

本店は、南青山に完成した旧・東京都民銀行新本店だそうです。

初日からシステム障害が発生していたんだとか。

GWのさなかとあり、それによる不便を受けたひともいたのかな。



続きを読む
タグ:宝石
posted by bukakun at 05:15| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年05月11日

デンドリティックアゲート→AIと保険→続く雑談

【デンドリティックアゲート】

樹状の内包物を有する玉髄のことです。

シダ状の模様で、非常に特徴的です。

内包物は鉄やマンガンの酸化物だそうです。

石の中に0.何ミリという薄さで入る模様なので、加工も薄くカットされて、アクセサリーに使われるようです。

産地はインドのケン川などだそうです。





【AIと保険】

保険の加入や保険金の手続きを、AIを使ったチャットボットでやりとりすることで迅速化された仕組みがあります。

米保険のレモネードです。

24時間スマホで手続きが手軽です。

また余った掛け金を利益せずに寄付する仕組みも特徴となっています。

保険会社に対する信頼に役立っているんだとか。





【五輪と防災設備】

オリンピックなど大きなイベントが追い風になる職種はけっこうあります。

とくに東京オリンピックは日本で行われるので、その効果は大きいでしょうね。

防災設備もまた需要に好影響を受ける職種です。

大勢の人が集まるところには、防災設備が必須で欠かせませんからね。




続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 05:14| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年05月07日

デマントイド→毎月配分型の資金流出→続く雑談

【デマントイド】

緑や黄緑色のきれいな宝石です。

緑といえばエメラルドをイメージしそうですが、違います。

アンドラダイト系のガーネットであり、カルシウムと鉄に富む柘榴石なんだとか。

なかなか貴重な石のようで、価格もガーネットとは思えないほど高いそうです。

アメリカなどで人気と言われています。






【毎月配分型の資金流出】

毎月分配型の投資信託はヒット商品として認識されていましたが、2017年は資金流出に転じたそうです。

原本を取り崩した過度な分配なども問題視されたことも影響したのかもしれません。

ちなみに個人投資家のお金は、注目されているビッグデータやAI関連の投信に向かっているようです。





【HEROZ】

東証マザーズに2018年4月に上場したHEROZは初値倍率過去最高を記録したのでした。

初値は49000円で、初値倍率は10.9倍です。

IPOが現行の仕組みなった1997年からでは最高の数値です。

人工知能(AI)開発の会社で、人工知能への期待度も同時にうかがえるのでした。




続きを読む
タグ:宝石
posted by bukakun at 02:52| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年05月01日

ツリーアゲート→仮想通貨ファンド→続く雑談

【ツリーアゲート】

白い石の中に緑色の内包物が縞模様になったりしています。

アゲートの一種で、苔瑪瑙(モスアゲート)に似ています。

アゲートにはいろいろなものがあるので、比べてみるのも面白いです。

宝石やパワーストーンとして扱われるようです。

そのままの姿を磨いたものや、数珠になったものを目にします。






【仮想通貨ファンド】

2017年はビットコインなどの仮想通貨が注目されました。

仮想通貨に投資するファンドも一気に増えて、年末には175本にまで達したそうです。

ビットコインなどは一時期年初より20倍のところまで上がったようですし、それほど上がるならファンドも放っておかないということですね。






【証券コンソーシアム】

2018年4月19日、証券コンソーシアムが発足しました。

会長はSBI証券の会長が務めます。

野村ホールディングスや、楽天証券、カブドットコム証券なども参加しています。

NECなどのシステム企業も参加するようです。

ブロックチェーン技術やAIなどが検討されていくようです。




続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 05:14| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年04月26日

ツァボライト→チケット転売→続く雑談

【ツァボライト】

グロッシュラーのうち、クロムやバナジウムを不純物として含むことで、緑色を呈するそうです。

ケニアなどで産出するようですが、緑色で透明度が高いと、ツァボライトとして宝石の扱いになるようです。

グロッシュラーは灰礬柘榴石ですし、柘榴石(ざくろいし)っていろいろありますね。





【チケット転売】

人気のコンサートなどのチケットを購入して高い値段で不正に転売することが問題になっています。

公共の場でのダフ屋行為は条例などで禁止されているものの、ネットではルールがないです。

本当に直前に行けない人が譲るためのサービスのはずが、不正転売に使われたりです。





【そだねー商標】

平昌冬季五輪で話題になったカーリング女子の「そだねー」が商標出願されてます。

六花亭成果や北見工大の生協などが出願しているんだとか。

でも出願は早い者勝ちのようです。

はたしてどこが取得するのか気になるところですね。

話題になったフレーズの商標ってなかなかのねらい目かも。



続きを読む
タグ:宝石
posted by bukakun at 05:19| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年04月21日

チャロアイト→パンダ債→続く雑談

【チャロアイト】

パワーストーンの愛好家には人気の石です。

三大ヒーリングストーンに挙げられる、紫色の鉱物です。

鉱物としての認定は1978年のことで、チャロ川で発見されたことに由来した名前となっています。

ロシア連邦サハ共和国が産地で、ほかでは見つからない希少な石のようです。






【パンダ債】

中国の本土で人民元建てで外国企業が発行する債券のことです。

日本におけるサムライ債みたいなものです。

発行が認められたのは、2005年のこと。

最初に発行したのは、アジア開発銀行や国際金融公社でした。

その後、ドイツ自動車大手のダイムラーも発行しています。






【世界株安】

世界で、株安が進むってなんだか暗い話ですね。

グローバルな経済活動がふえたことで、連鎖することも多いみたい。

経済もどんどん複雑になってますから、昔ではありえない現象がおこりうるということのようです。

連鎖についてしっかり紐解くことができれば、投資家としてもっと結果がだせるのかな。



続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 05:16| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年04月16日

ターフェアイト→ビットコインと投機→続く雑談

【ターフェアイト】

大変希少なレアストーンで世界で最も希少ともいわれます。

スリランカ、タンザニア、中国などが産出地にようです。

スピネルに似た淡い紫色を示しますが、紫色が濃いほうが高価なんだそうです。

希少すぎてアクセサリーにするのもためらわれるようです。

アイルランドのターフェ伯爵が発見したそうです。





【ビットコインと投機】

仮想通貨のビットコインに投機マネーの影響が出ています。

もともとは、決済手段として生まれたのでした。

なのでそんな目的は、それほどなかったのでしょうが、空前の値上がりが投機マネーを引きつけたようです。

取引シェアに日本円の割合の増加している理由は投機なんでしょうね。






【仮想通貨での出資】

仮想通貨を資本金の一部として組み込まれた企業が誕生することが話題となりました。

2018年です。

ビットコインの急落で幕開けし、NEMの大量流出とかいろいろ負の話題も多かったのですが、仮想通貨の根強さもうかがえます。

イーサリアムの現物出資によるそうです。

仮想通貨に関わる事業だけにちょうどいいのかも。



続きを読む
posted by bukakun at 05:14| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年04月11日

トルコ石→敵対的買収→続く雑談

【トルコ石】

古代の多くの大文明に好まれた宝石の一つです。

古代エジプト、アステカ、ペルシア、メソポタミア、インダス渓谷、殷王朝などでも用いられたようです。

青色から緑色のパステル調の色合いです。

良質なものが宝石としてみなされます。

12月の誕生石としても知られます。





【敵対的買収】

買収される側の企業の同意がない買収のことです。

同意がない分、買収する側も大変ですし、コストがかかりがちです。

仕掛ける側と、仕掛けられた側の攻防があるのでした。

必ずしも成功するとは限らず、ものすごい話題にもなるのでした。

買収対抗策にもいろいろあります。






【ロボアド】

資産運用法を、コンピュータープログラムによって最適な指南していくというものです。

ロボットアドバイザーの略です。

たとえば、ウェルナビとか、楽天証券の「楽ナップ」などがあるようです。

登場からの2年で残高が1000億円をうわまわるようになったのでした。



続きを読む
タグ:トルコ石
posted by bukakun at 05:13| 投資と貴金属のおしゃべり