2018年09月30日

マリー・ガーネット→委託証拠金→続く雑談

【マリー・ガーネット】

灰礬柘榴石とも呼ばれる、ガーネットの一種です。

西アフリカのマリ共和国で産出されることから、この名前になったと言われています。

大きなサイズは希少性が高いそうです。

グロッシュラーとアンドラダイトガーネットの混合なんだとか。

アンドラダイトが強いとブラウン系の褐色が強くなるそうです。





【委託証拠金】

「委託保証金」という言い方もあります。

信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引などで必要です。

担保(現金)のことです。

証券会社等に差し入れる形です。

証拠金を担保にした取引では、高いレバレッジがかけられます。

でも不測の事態には、追い証を求められることも。





【期限前償還リスク】

期限前に償還することで当初見込んだ収益に差が生じるリスクです。

たとえば住宅ローンの借り換えなどは、貸し手にとってはそのような状況になるようです。

借り手にとっては少しでも安い経費でローンを払いたいので当たり前の行動ですね。

なかなか思い通りいかないこともあるということです。






【中尊寺金色堂20円切手】

岩手県平泉の中尊寺金色堂がデザインされた20円切手は単色カラーの緑色です。

1954年の発行で、金色堂が切手になったのは初めてかもしれません。

奥州藤原氏が栄えたことを示す、素晴らしい建物です。

金色堂覆堂を階段の下から見上げたデザインとなっています。

定番のアングルですね。






【水爆実験】

北朝鮮のミサイル発射や水爆実験の影響で、金が高値をつけるなどの動きが出ました。

危機的な状況ほど、金は値上がりします。

ほかにも、軍用に関わる企業の株価も上がったりしています。

有事には有事特有の動きがあるのでした。

投資を考えるうえで見落とせないことです。

タグ:ガーネット
posted by bukakun at 05:14| 投資と貴金属のおしゃべり