2018年09月18日

ボツワナアゲート→アセットアロケーション→続く雑談

【ボツワナアゲート】

アフリカのボツワナ共和国で発見されたことが由来でこの名前になったそうです。

縞瑪瑙のひとつで、蝋光沢を持ち灰色です。

アゲートには実に様々なものがありますが、縞模様がすごく神秘的ですね。

パワーストーンとしての意味もあるので、調べてみると面白いかもしれません。






【アセットアロケーション】

アセットは資産です。

そしてアロケーションは配分です。

つまり資産を配分することですね。

リスク軽減を考えても、投資において基本的な考え方となります。

どのような目的の投資にするか、リスクはどの程度許容できるかなどによって、具体的な配分が決まってきます。





【カントリーリスク】

投資などで、対象とする国のリスクです。

政治的なリスクであったり、経済的なリスクであったり、いろいろあります。

国の信用度も関係してきます。

カントリーリスクは国によって違いますが、それぞれに存在するものです。

ハイリスク・ハイリターンもあったりするのでした。







【観音菩薩像の10円切手】

当時の封書の基本料金の切手ですので、よく使われた切手の一つでしょう。

観音菩薩のお顔がアップで描かれているデザインです。

赤一色の単色カラーで、1953年発行です。

切手帳ペーンも販売されていました。

動植物国宝切手の中では最も低価格の仏像の切手ですね。

それだけ使用頻度も高いということだと思いますが。






【グーグルの影響】

誰もが知るグーグルの影響力は意外なところにも及んでいました。

2017年8月25日。

グーグルのわずか数分の誤設定が、ネットの大規模障害に発展したようです。

その影響は楽天証券やメルカリにもおよび、ウエブ上の活動が一時止まったんだとか。

思わぬところにリスクってあるものですね。

タグ:アゲート
posted by bukakun at 05:22| 投資と貴金属のおしゃべり