2018年09月08日

ペリドット→アウトパフォーム→続く雑談

【ペリドット】

ケルン大聖堂にある東方の三博士の3つの聖堂を、200カラット以上ある大きなペリドットが飾っているそうです。

カンラン石の一種で宝石として扱われています。

歴史的にもかなり昔から知られる宝石です。

緑色を示すのは含まれる鉄の影響なんだそうです。

産地はのハワイやアリゾナ州、中国、ミャンマーなどのようです。





【アウトパフォーム】

運用成績がベンチマークを上回ることを言います。

下回ることはアンダーパフォーム、中立な場合はニュートラルです。

なおアウトパフォーマンスということもあるようです。

ベンチマークとしては日経平均株価やTOPIXなどが用いられるようです。

投資成果を表す言葉なのでした。






【片端入れ】

片端入れ(かたはいれ)とは、利息などの計算についての方法についてです。

初日(計算開始日)か最終日(計算終了日)のどちらかを入れる計算です。

両方入れる場合を「両端入れ」といいます。

利息計算ではよく使われる言葉なので、知っておくことが大事ですね。







【オシドリの5円切手】

鮮やかなオスと地味なメスのオシドリが水面に描かれた切手です。

鮮やかといってもオシドリは茶色、水面は水色と2色の切手です。

1955年に発行されました。

オシドリは渓流、湖沼などに生息します。

山形県、鳥取県、長崎県、飯山市、佐野市などが自治体の鳥として指定しています。




たまには自動車保険も競争の時代です。保険料を比べてみると驚くほど差があることも。でも安いだけの保険では困ります。ムーヴコンテの自動車保険比べるから安くて安心の方法が参考になると思う。まずは一括見積して、気になる保険をもっと詳しく調べてみましょう。




【1968年発行の100円切手】

3羽のタンチョウヅルが描かれたバックが赤い切手です。

1963年に最初に発行されて、その変更版ということになるようです。

100の数字が少し上に上がって、その下に「NIPPON」が入ったのでした。

100円という額面は郵便料金的に単独で用いられることはなかったようで、複数でも用いられる切手だったようです。
タグ:
posted by bukakun at 03:05| 投資と貴金属のおしゃべり