2018年05月07日

デマントイド→毎月配分型の資金流出→続く雑談

【デマントイド】

緑や黄緑色のきれいな宝石です。

緑といえばエメラルドをイメージしそうですが、違います。

アンドラダイト系のガーネットであり、カルシウムと鉄に富む柘榴石なんだとか。

なかなか貴重な石のようで、価格もガーネットとは思えないほど高いそうです。

アメリカなどで人気と言われています。






【毎月配分型の資金流出】

毎月分配型の投資信託はヒット商品として認識されていましたが、2017年は資金流出に転じたそうです。

原本を取り崩した過度な分配なども問題視されたことも影響したのかもしれません。

ちなみに個人投資家のお金は、注目されているビッグデータやAI関連の投信に向かっているようです。





【HEROZ】

東証マザーズに2018年4月に上場したHEROZは初値倍率過去最高を記録したのでした。

初値は49000円で、初値倍率は10.9倍です。

IPOが現行の仕組みなった1997年からでは最高の数値です。

人工知能(AI)開発の会社で、人工知能への期待度も同時にうかがえるのでした。






【五十銭切手・炭鉱夫】

先に目打無しで発行された炭鉱夫の切手と全く同じデザインです。

違いは目打・裏糊があること。

デザインだけじゃなく、「大日本帝国郵便」という記名まで同じです。

このころ発行された切手は「日本郵便」で統一されていたのに。

この切手だけが奇妙な感じに思えるのでした。




英語をやり直そうと考えたとき、同じ失敗を繰り返さないために勉強方法から見直すことが欠かせないことだとおもう。1から始める英語・英会話。たっぷり聞いて慣れていくという方法なら暗記にも頼らずにできるみたいです。すきま時間が有効に使えるというのも魅力のひとつかな。



【ホタルイカの35円切手】

2匹のホタルイカが描かれた35円切手です。

背景を青で、白い姿のホタルイカだけに涼しげなデザインの切手です。

ホタルイカはホタルのようなイカということで、発光もその特徴のひとつです。

体の割に大きな目も目立ちますね。

1966年から発行された切手なのでした。

タグ:宝石
posted by bukakun at 02:52| 投資と貴金属のおしゃべり