2016年12月14日

見直すポイント→十六円切手の穂高岳→続く雑談

【見直すポイント】

自動車保険は保険内容や保険料など様々なポイントがあり選ぶ際に迷子になりかねないです。

昔と違って保険料比較も簡単ですし、便利なのですが、ポイントを絞らないと複雑すぎて手に負えなくなることも。

まずは今の保険の内容を理解して、何に不満なのかを認識することから。

そしてポイントを絞って比較することが大事だと思います。






【十六円切手の穂高岳】

大型の切手なので記念切手かなと思ったら、普通切手なんだそうです。

普通切手なのに大型って、なんだか珍しいです。

1949年に発行され青っぽい色合いです。

穂高岳は日本第三位の高峰で飛騨山脈にあります。

第三位ということで富士山に比べると知名度は落ちますが、それでも名山と知られる有名な山です。






【ムーンストーン】

月長石(げっちょうせき)ともいわれます。

主な産地はインド、スリランカ、ミャンマーなどです。

カボション・カットで指輪に仕立てられたりします。

特に青色のシラー効果をもつものは「ブルームーンストーン」と呼ばれます。

スリランカ産の青色のシラーがでる美しいムーンストーンは「ロイヤルブルームーンストーン」とも呼ばれます。






【竜文切手】

手作業で作られた切手ゆえに、同じ切手なのにシートのなかでわずかな違いのある切手です。

日本で初めての切手として登場しました。

裏糊もなく、目打もなく、すごく小さい切手です。

当時の通貨「文」で表記された珍しい切手です。

額面は48文、100文、200文、500文の計4種です。






【富士山と桜・20銭切手】

1946年にも富士山と桜がデザインされた20銭切手が発行されています。

当時の状況をうつしてか、裏糊も目打もない切手です。

前に発行された20銭切手のように、青系単色の色合いですが、デザインは前よりイラスト的です。

デザイン自体は10銭切手と同じもののようです。



たまにはこんな話題や情報も。英語を学ぶのに机は関係ないのかも。たっぷり聞いてなれない発音や言い回しに慣れていくことが出来れば、暗記に頼る必要さえないのかもしれないです。英語の学習時間での方法が参考になると思う。結局勉強方法によるということなのかもしれません。まずは自分の学び方が自分に合っているのかを見極めることからだと思います。
posted by bukakun at 06:36| 投資と貴金属のおしゃべり