2018年10月29日

ユークレース→受渡日→続く雑談

【ユークレース】

色は非常に薄い青色から濃い青色です。

また不純物によっては、無色、白色、緑色の場合もあるようです。

ギリシャ語の「簡単」と「割れる」を意味する言葉から「ユークレース」という名称ができたそうです。

その名前が示すように、かけやすく扱いが難しいようです。

希少な宝石のひとつです。





【受渡日】

投資での受渡日とは、マーケットで売買の決済をする日になります。

そして取引によって期日が違っていたりするので、慣例に従うことになります。

例えば株式取引は時間がかかります。

株式取引は約定日から起算して4営業日目となります。

ファンドによって違うのが投資信託です。





【クレジットリスク】

債務者の財務状況が悪化して、返済不能になることです。

デフォルトリスクとか、信用リスクなどともいわれます。

そうならないために、債務者については信用をしっかり調査するのでした。

倒産などの債務不履行で、連鎖倒産するケースもあるので、注意が必要です。






続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 05:30| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年10月23日

モルガナイト→売りポジション→続く雑談

【モルガナイト】

マンガンを不純物として含むことでピンクあるいは淡赤紫色を呈する緑柱石(ベリル)です。

モルガナイトの名称は銀行家のジョン・モルガンに由来するんだそうです。

発見者というわけではないようです。

マダガスカルやアメリカのパラ地区が産地となっており、ローズベリルやボロビエバイトなどともいわれるみたい。






【売りポジション】

外国為替取引とか、信用取引、先物取引、オプション取引、商品先物取引などで使われる言葉です。

将来の値下がりを期待した動きのひとつですね。

「ショート」とか「ショートポジション」などと、いわれることもあります。

逆なのは、買いポジションで、どちらでもないのは、スクエアといいます。






【金利】

利子・利息あるいは、その割合のことをいいます。

預金金利は預金の金利、ローン金利はローンの金利です。

長期金利と短期金利があり、短期のほうが変動しやすいですね。

固定金利と変動金利という使い分けもあります。

金利は、金融政策の影響も受けるのでした。







続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 05:23| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年10月18日

モスアゲート→インフレリスク→続く雑談

【モスアゲート】

数あるアゲートのなかのひとつです。

モスとは苔を意味しており、苔瑪瑙とも呼ばれています。

緑、白、黒、褐色など色合いも様々のようです。

見た目の模様の入り方が苔を思わする形のため、このような名前になったようです。

ハンガリー、マトラ山脈のモスアゲートが有名です。





【インフレリスク】

現金の価値が下がってしまうリスクのことです。

インフレってとんでもないスピードで進む場合もあります。

物価が上がり、相対的に現金の価値が下がっていくので、大変です。

現金でもっている資産は目減りしてしまうので、不動産とか金とかあるいは、株、債券、REITなどが投資先になります。






【キャリーコスト】

持ち越し費用などと日本語に訳されます。

現物を取得するための調達コストと、現物を取得することで得られる収入の合計です。

プラスになることもあれば、マイナスになることもあるようです。

実際に取引してみないとピンとこない感じですね。

慣れれば当たり前なんでしょうが。






続きを読む
タグ:アゲート
posted by bukakun at 03:06| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年10月13日

メラナイト→インフレヘッジ→続く雑談

【メラナイト】

チタンを含む黒いアンドラダイトのことです。

ちなみにアンドラダイトは「灰鉄ざくろ石」とも呼ばれます。

数あるガーネット(ざくろ石)のバリエーションの一つです。

メラナイトは宝石としては用いられないです。

ガーネットの中では安価なほうのものということですね。





【インフレヘッジ】

先のインフレに備えて、資産保全をはかることです。

インフレとは貨幣価値が下がることなので、やるべきことは現金で保持しないということです。

つまり、株式などに現金を振り替えていくことが大事です。

価格が上がる見込みが高いものに資産を投入していくことが大事です。





【キャピタルリスク】

有価証券をもつことによって生じるリスクのことです。

投資にはもともとリスクはつきものですが、そのリスクのことを理解することも大事です。

キャピタルロスのリスクは、結局は投資を判断した自分の失敗です。

失敗しないためにいろいろ勉強を重ねることが重要です。






続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 03:13| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年10月06日

ムーンストーン→委託手数料→続く雑談

【ムーンストーン】

長石類の外観が美しいものです。

青色のシラー効果があるものを「ブルームーンストーン」と呼びます。

七色の光を放つものは「ムーンストーンレインボー」と呼びます。

そのほか、ロイヤルブルームーンストーン、アデュラリアンムーンストーン、ロイヤルブルームーンストーンレインボーなどもあります。





【委託手数料】

委託業務にたいする報酬です。

金融では、たとえば株式や債券、先物・オプションなどの売買取引を仲介による報酬です。

ところで、株式の委託手数料は、1999年に完全に自由化されてます。

その結果、手数料の値下げ競争が激化しました。

ディスカウントブローカーたちです。






【逆ザヤ】

投資家の予想に反して損失が発生していることをいいます。

保険契約などで金利が高いときに引き受けた商品では、逆ザヤが発生する可能性があります。

ほかにも、銀行での貸出競争が激化すると、預貸では逆ザヤになるという事態もあるようです。

投資だけじゃなく、いろんな場面で使われます。






続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 07:13| 投資と貴金属のおしゃべり