2018年07月30日

ブラッドストーン→投資信託2017年度→続く雑談

【ブラッドストーン】

イエス・キリストが十字架にかけられたときのエピソードにも関係する石です。

赤い斑点が特徴で、血を連想させることから、この名前がついたようです。

3月の誕生石としても知られます。

産出は主にインドなどだそうです。

古くはキリスト教会の聖像などを飾る材料としても用いられたそうです。





【投資信託2017年度】

投信残高が110超円弱と過去最高になったようです。

低金利に加えて、つみたてNISAや、確定拠出年金の対象者拡大などが背景にあるようです。

若年層の投信による資産運用が広がっているみたい。

日銀の金融政策も追い風になっています。

15年連続の資金流入となったようです。






【円キャリートレード】

「円借り取引」とも呼ばれるそうです。

金利が低い円資金を借り入れて、外貨に転換して運用する取引です。

キャリートレードとは、金利の低い通貨で調達して、金利の高い他の通貨に交換して、運用するという方法です。

なんだか、お金を動かすことで利益が出るみたい。




続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 05:22| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年07月25日

ブラックオパール→水素インフラへの投資→続く雑談

【ブラックオパール】

石の地の色が黒色で、遊色効果によって虹色に光がきらめくオパールです。

黒蛋白石(くろたんぱくせき)とも呼ばれます。

独特の色彩の組合わせがあり、全く同じものは見つからないです。

高品質のものは遊色が明瞭で色合いが鮮明です。

ブラックオパールはオパールの中でも希少性が高いそうです。






【水素インフラへの投資】

水素インフラを整えるということは、将来の燃料電池車普及をめざした投資です。

投資なので、回収できるかどうかが重要です。

電気自動車との競争状態にあるなかで、どのくらい勝算があるんでしょうか。

不確定なことは少なくないけど、それでも進めないといけないこともあるようです。





【売り乗せ】

トレンドが下げの時に、売り待ちを増やすことです。

利乗せの一種といわれます。

リスクが高い一面もありましが、短期間で稼げる可能性がある方法のようです。

リスクを考えると無理のない範囲を心掛けることが大事みたいです。

とにかく、冷静な判断が必要です。



続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 05:25| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年07月20日

ファイヤーアゲート→ASBJと仮想通貨→続く雑談

【ファイヤーアゲート】

ファイヤーというのは見た目を指したことばです。

主に茶色、赤、オレンジの色合いのアゲートです。

アゲートにはいろんな種類がありますが、その一つですね。

パワーストーンとしても知られます。

価格的にも比較的手に入れやすい石のようです。

虹色の輝きをみせることもあるようです。






【ASBJと仮想通貨】

問題や価格変動などで話題となっている仮想通貨をめぐる会計ルールが2018年3月に策定されました。

企業会計基準委員会(ASBJ)によるものです。

価格変動に応じて損益に計上するとのことです。

仮想通貨の評価は期末に行うとのことですが、価格変動が大きいだけに、大変そうなイメージがありますね。





【内出来】

内出来は「うちでき」と読みます。

マーケットの取引で、一部だけが成立することを言います。

成立した分を内出来としてカウントします。

ちなみに注文が成立しないことを「不出来」といいます。

こういう用語も抑えておかないと、いちいち証券会社のことばで迷子になってしまうので注意です。




続きを読む
タグ:アゲート
posted by bukakun at 03:05| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年07月15日

ヒデナイト→LINEと野村證券→続く雑談

【ヒデナイト】

不純物として含まれるクロムが緑色の原因になっているそうで、黄緑色や緑色のリシア輝石のことです。

パワーストーンとしても知られます。

鉱物学者のウイリアム・アール・ヒデンによる発見で、この名前が付いたんだとか。

ブラジルやミャンマー、アメリカなどで産出されます。






【LINEと野村證券】

スマホの対話アプリで圧倒的なシェアを持つLINEがフィンテックに進出します。

2018年に野村証券とのタッグを組んでの動きがはじまりました。

野村證券は証券会社の大手ですが、顧客の年齢層が高いです。

そのために、若い層へのアプローチにメリットがあるみたいです。






【売り持ち】

マーケット取引において、将来の値下がりを見越した動きです。

いったん売って、値下がりした時点で買い戻すというようなことが、一般的に行われます。

売り待ちは、「ショートポジション」や「売りポジション」などともいわれます。

売りでも、買いでもない状態はスクエアです。




続きを読む
タグ:
posted by bukakun at 03:07| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年07月10日

パール→日本取引所グループ→続く雑談

【パール】

真珠光沢を有し多様な色を示す宝石です。

よく知られるのは白色の小さな球体ですが、実はいろんな色や形のものもあるようです。

フォーマルな場所でもつけられる非常に汎用性の高い宝石だと思います。

支持する年齢層も広いです。

6月の誕生石でもあります。

知名度の高さから模造品も多いのでした。






【日本取引所グループ】

金融商品取引法に基づく唯一の自主規制法人です。

東京証券取引所グループと大阪証券取引所が統合して発足しました。

持株会社で、本社は東京にあります。

統合した御ことで、世界第3位の規模の市場となりました。

現物取引は東京証券取引所、デリバティブ取引は大阪ということで、大阪取引所と名前も改められました。





【イベントリスク】

ある出来事によって、マーケットを揺るがすような状態です。

たとえば、東日本大震災とか、リーマンショックなどもそうです。

突発的な出来事に左右される場合は多いです。

イベントリスクは自分ではどうすることもできないことが要因となっていたりしますので、対応も難しいですね。




続きを読む
タグ:宝石
posted by bukakun at 03:15| 投資と貴金属のおしゃべり

2018年07月05日

バンデッドアゲート→原油の協調減産って→続く雑談

【バンデッドアゲート】

縞模様を呈する瑪瑙のことはアゲートと分類されます。

その中でも特に縞目の濃いものを特にバンデッドアゲートといいます。

白や灰色、黄褐色、黒などさまざまな色合いがあります。

産地はブラジルなどです。

いろいろな効果や願いがいわれるパワーストーンとしての側面もあります。





【原油の協調減産って】

灯油やガソリン価格の気になる動向に影響するのが、原油の協調減産です。

OPECやロシアなどが行うことで原油価格が下がらなくなります。

でも減産すると利益の幅は大きくなっても全体の収入は減ると思うのですが。

アメリカなどのシェールオイルなども採算がとれて生産が上がりますからね。






【イベント・ドリブン】

合併や業務提携、リストラ、スピンオフなどの出来事が起こった時にできる価値の歪みを機会ととらえて投資します。

歪みが解消されていく過程で、利益を得ていくという発想です。

間違った読みは損益につながりますので注意が必要なのでした。

情報収集も大事ですね。





続きを読む
タグ:アゲート
posted by bukakun at 03:06| 投資と貴金属のおしゃべり