2017年11月24日

サードニクス→1969年発行20円切手→続く雑談

【サードニクス】

アゲートのうち縞模様が赤いものがサードニクスといわれるようです。

主成分は二酸化ケイ素です。

8月の誕生石なので、8月生まれにはよく知られていそうですね。

赤色は鉄に起因するそうで、加熱することで色調がさらに際立つんだとか。

紅縞瑪瑙とも呼ばれるようです。






【1969年発行20円切手】

「新フジ」と呼ばれる、フジがデザインされた切手です。

ではなぜ「新」なのかというと、「旧」もあるからです。

「旧フジ」は1967年に発行された20円切手です。

両者のデザインはほぼ同じですが、左上の部分にわずかな違いがあります。

それは藤の枝が外枠に触れている「旧」と触れていない「新」の違いです。






【金密輸】

利ザヤを目当てに金を密輸する人たちもいるそうです。

この対応には財務省があたるようです。

航空会社と連携して機内検査を強化したりします。

利ザヤは消費税によるものなんだとか。

消費税がないあるいは低い国から金を持ってくることで、消費税分が得できるんだとか。



続きを読む
posted by bukakun at 06:49| 投資と貴金属のおしゃべり

2017年11月16日

サンストーン→1967発行15円切手→続く雑談

【サンストーン】

古代ギリシャでは太陽神の象徴としてお守りに使われたようです。

インドではお祝いの儀式の時に使われたという話もあるそうです。

昔から認識された宝石ということですね。

長石グループに属するそうです。

オレンジがかった赤色で透明で、虹色の反射を伴うのも特徴となっています。






【1967発行15円切手】

白い花びらのキクの花が描かれた切手が1967年にも発行されました。

中央に2輪の花が描かれ、つぼみもあるのでした。

同じデザインの切手も前にはっこうされているので、どっちがどっちなのか、一般の人には分からないでしょうね。

コレクターはどうやって見分けるのでしょうか。






【フリーテル買収】

フリーテルは格安スマホで大手を猛追していましたが、突然、楽天に買収されることになりました。

それは大手スマホが、格安スマホで攻勢をかけたことが理由のようです。

スピードが遅くならない大手の格安スマホが力技で対応したということです。

大手も客単価を下げた身を切る戦いだったようです。



続きを読む
posted by bukakun at 06:52| 投資と貴金属のおしゃべり

2017年11月08日

サファイア→カブトムシ12円切手→続く雑談

【サファイア】

光を当てて眺めたときに六条の光を生ずるものがあり、これはスターサファイアと呼ばれ珍重されます。

濃紺〜青紫色以外のものは、ファンシーカラーサファイアと呼ばれるようです。

カラーチェンジサファイアと呼ばれる光源によって色が変わるものもあります。

サファイアにもいろいろですね。






【カブトムシ12円切手】

カブトムシがデザインされた普通切手です。

1971年から発行された12円切手に採用されたデザインです。

非常にリアルな描写が行われています。

木の幹にいる姿ですが、木や葉のほうは、カブトムシよりかなりシンプルに描かれています。

茶色系の単色カラーな切手です。






【仮想通貨への評価】

ビットコインなど仮想通貨への評価が二分する2017年です。

ゴールドマンでは、肯定的な動きがあります。

いっぽうで、JPモルガンでは慎重な意見が出ています。

期待もある一方で、不安や不信もある状況です。

まだまだどちらにも転びかねないといったところかもしれません。




続きを読む
タグ:サファイア
posted by bukakun at 06:54| 投資と貴金属のおしゃべり