2017年09月23日

クリソコラ→迦陵頻伽の赤い切手→続く雑談

【クリソコラ】

モース硬度が2.5〜3.5と低く、そのままでは宝石として扱いにくいので、宝石として使う場合は樹脂を浸透させるなどの処置を要します。

ケイ酸塩鉱物の一種で、ガラス光沢があり、色は青色、青緑色、緑色などです。

石英が浸透したジェムシリカについては、アメリカで人気が高いそうです。






【迦陵頻伽の赤い切手】

1966年発行の120円切手は、中尊寺金色堂の華鬘(けまん)に描かれた迦陵頻伽がデザインされています。

赤の単色カラーの切手です。

実はこのデザインは、1962年にも120円切手で色違いで採用されています。

当時はまだ「NIPPON」のローマ字が入っていなかったのでした。

でも、それ以外は同じです。






【シェア自転車】

自転車を所有するのではなくシェアする、シェア自転車。

上海のモバイクがサービス開始1年で世界1億人のかいいんを獲得したそうです。

これにより自転車販売に水を差されたとして、自転車部品会社の株価が影響を受けたのでした。

過去には予想もしなかったことで株価が影響を受けるのでした。




続きを読む
タグ:クリソコラ
posted by bukakun at 04:16| 投資と貴金属のおしゃべり

2017年09月16日

クリソベリル→桂離宮110円切手→続く雑談

【クリソベリル】

変種であるアレキサンドライトや、キャッツアイは高価な宝石として取引されることもあるようです。

しかし、そのような効果がないものには、ジュエリーとしての利用はないようです。

でもパワーストーンとしては販売されているようです。

もしくは原石としてコレクターに収まるくらいのようです。





【桂離宮110円切手】

1966年から発行された110円切手のデザインは桂離宮でした。

桂離宮とは、京都市西京区桂にある皇室関連施設のことです。

茶色系の単色カラーですが、白地もたっぷりあるせいか明るく感じるのでした。

なかなか目にしないので、あまり数は多くないのかもしれないです。






【力仕事支援スーツ】

力仕事支援スーツを早稲田大学が開発したんだとか。

縮もうとするゴムの力で重さを軽減する仕組みなんだとか。

動力を使わずにできることに安心感もありそうです。

これって商品化されたらどうなるのかな。

力仕事は、介護や農業、運輸などあらゆる現場で必要だけにヒット商品になるかもしれないですね。



続きを読む
posted by bukakun at 06:52| 投資と貴金属のおしゃべり

2017年09月09日

クリソプレーズ→90円風神切手→続く雑談

【クリソプレーズ】

カルセドニーの一種で、青リンゴに似た美しいグリーンの石です。

太陽光に長時間あてると色合いが変わる恐れがあるそうですので注意を要します。

産地としては、オーストラリアのクイーンズランド州や西オーストラリア州などがよく知られています。

パワーストーンとしても人気のようです。





【90円風神切手】

1962年から発行されていた水色っぽい風神の切手と同じデザインの切手です。

1966年からの発行で、茶色系のカラーです。

色が変わると印象もかわり、重みを感じるのでした。

90円というと小包などでも使われていたようです。

「NIPPON」のローマ字が入ったのも変更点ですね。





【石川流宣】

江戸時代の浮世絵師であり、「いしかわとものぶ」と読むそうです。

生没不詳ですが浅草に住んでいたことは分かっているそうです。

主に好色本、地誌など版本の挿絵を描いていたんだとか。

戯作も執筆していたそうです。

そんなことで、一枚絵はあまりないようです。

作品としては「大和耕作絵抄」など。




続きを読む
posted by bukakun at 06:53| 投資と貴金属のおしゃべり

2017年09月02日

クリスタル→オオムラサキ75円切手→続く雑談

【クリスタル】

クリスタルといえば水晶玉をイメージする人が多いと思います。

水晶は数ある宝石の中でもよく知られ、また意外と身近なものです。

六角柱状のきれいな自形結晶のものもよく目にすると思います。

白とか無色とかですが、色つき水晶にも有名なものがあります。

紫水晶のアメジストや、黄水晶、紅水晶などなど。






【オオムラサキ75円切手】

赤地にオオムラサキが描かれた切手です。

以前も発行されましたが、前よりバッグの赤地が若干薄い感じがします。

また「NIPPON」のローマ字の追加が、何より大きい違いでしょう。

1966年から発行されましたが、以前は10年前の1956年からの発行だったので、75円の意味も違ってきていたのかも。





【橋本雅邦】

天保生まれで、明治期に活躍した日本画家です。

芳崖とで「勝川院の二神足」とも呼ばれるなど、才能にあふれた人物だったようです。

代表作の「竜虎図」は、日本人なら誰もが知る有名な作品です。

「白雲紅樹」も有名な作品で、「竜虎図」とともに重要文化財となっています。



続きを読む
タグ:クリスタル
posted by bukakun at 06:52| 投資と貴金属のおしゃべり