2016年12月26日

車保険の特約の種類→第1次動植物国宝切手→続く雑談

【車保険の特約の種類】

特約といえば、いろんなものがあります。

家族限定特約は補償対象を家族ドライバーに限定することで保険料が割引になります。

また、等級プロテクト特約というのもあります。

通常、事故などで保険を使うと等級が下がりますが、下がらないようにするというものです。

盗難に対する補償を追加する盗難特約というのもあります。

まだまだいろいろあるので、組み合わせも含めて検討することが大事です。






【第1次動植物国宝切手】

前島密の1円切手が、このシリーズに含まれているのは統一性から不思議な気もします。

5円切手の尾長鶏や、10円切手の法隆寺壁画など様々あります。

まだ銭が使われていたため、銭の標示があります。

「00」表示が多かったので、「0つき」という呼ばれ方もあるようです。






【モスアゲート】

モスは「コケ」を意味し、アゲートはメノウです。

つまり苔瑪瑙ともよばれるアゲートの一種です。

玉髄の中に苔を思わせる内包物が含まれたような外観が特徴です。

様々な色のものが存在するそうです。

インドやハンガリーのマトラ山脈で産出したものが有名なんだとか。



続きを読む
タグ:特約 車保険
posted by bukakun at 06:28| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年12月20日

自動車保険と特約→昭和すかしなし切手→続く雑談

【自動車保険と特約】

たとえば対人賠償保険が、盗難に関しても保険を掛けたいというとき。

特約を利用するのが賢い方法かもしれないです。

主契約から見直すと、すべて手続きをやり直すことになります。

でも特約なら追加という形でできます。

車両保険とセットのものもありますが、不要な保障分まで追加するより、すっきりですね。





【昭和すかしなし切手】

印刷用紙切り替えに伴って、1951年・1952年には透かしのない用紙に印刷された切手が発行されました。

それらは、「昭和すかしなし切手」と呼ばれています。

図案は新昭和切手や産業図案切手の一部が採用されました。

縦らでん模様の10円切手や、炭坑夫の8円切手などがあります。





【メラナイト】

アンドラダイト系のガーネットで、チタンを含み黒色を呈します。

宝石としてはあまり用いられないようです。

ガーネットにはいろいろあるけど、価値が低いほうのようです。

チタンといえば強度・軽さ・耐食性・耐熱性など印象のいい素材ですが、ガーネットではいい効果がないみたい。



続きを読む
posted by bukakun at 06:41| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年12月14日

見直すポイント→十六円切手の穂高岳→続く雑談

【見直すポイント】

自動車保険は保険内容や保険料など様々なポイントがあり選ぶ際に迷子になりかねないです。

昔と違って保険料比較も簡単ですし、便利なのですが、ポイントを絞らないと複雑すぎて手に負えなくなることも。

まずは今の保険の内容を理解して、何に不満なのかを認識することから。

そしてポイントを絞って比較することが大事だと思います。






【十六円切手の穂高岳】

大型の切手なので記念切手かなと思ったら、普通切手なんだそうです。

普通切手なのに大型って、なんだか珍しいです。

1949年に発行され青っぽい色合いです。

穂高岳は日本第三位の高峰で飛騨山脈にあります。

第三位ということで富士山に比べると知名度は落ちますが、それでも名山と知られる有名な山です。






【ムーンストーン】

月長石(げっちょうせき)ともいわれます。

主な産地はインド、スリランカ、ミャンマーなどです。

カボション・カットで指輪に仕立てられたりします。

特に青色のシラー効果をもつものは「ブルームーンストーン」と呼ばれます。

スリランカ産の青色のシラーがでる美しいムーンストーンは「ロイヤルブルームーンストーン」とも呼ばれます。



続きを読む
posted by bukakun at 06:36| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年12月08日

比較サイトと任意保険→六円切手の 印刷女工→続く雑談

【比較サイトと任意保険】

ランキングを伴わない比較サイトも参考になるはずです。

ランキングにそぐわない情報も重要ですからね。

たとえばどんな付帯サービスがあるのかとか。

どんなユーザーや車にてきしているかとか、保険によって独自の特徴があったりしますからね。

いろいろ比べてみることで気づくことも多いです。






【六円切手の 印刷女工】

オレンジ色の切手で、1949年に発行されたのでした。

大きな紙の束を運んでいるエプロン姿の女工さんがモデルで、やや斜めから正面にかけてからのデザインです。

印刷風景だとすると、輪転機とかが描かれてあってもよさそうなものですが、描くのが難しかったのでしょうか。






【マリー・ガーネット】

マリー・ガーネットは、ガーネットの一つです。

グロッシュラー系のガーネットであり、マリ共和国で産出することが、名前の由来になっています。

色合いは淡い緑から淡い黄色です。

マリ共和国は西アフリカに位置する国で、北にアルジェリア、西にセネガルがあります。



続きを読む
posted by bukakun at 04:17| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年12月02日

ランキングサイトの情報→五円切手の茶摘み→続く雑談

【ランキングサイトの情報】

単にランキングを見るだけが、ランキングサイトの使い方ではないです。

いろんな保険会社について知ることができる情報が満載ですし、いろんな切り口で比較もできるはずです。

単に保険の営業の一通りの説明を受けるより、よっぽど理解も進むはずです。

情報収集のうまい下手がこれからの保険選びの明暗を分けるのかも。





【五円切手の茶摘み】

「茶摘み」といえばの定番のコスチュームを着た若い女性というイメージ通りのデザインです。

緑色の切手なのは、お茶を意識したからでしょうか。

作業中の腰を曲げた状態ではなく、立ち上がって籠を抱えた女性がこちらを見た状態の姿でデザインされています。

1949年に発行されました。






【マラカイト】

マラカイトは孔雀石とも呼ばれ、緑色の単斜晶系の鉱物です。

もっとも一般的な銅の二次鉱物といわれています。

クジャクの羽の模様に似ているので、孔雀石という名前がつきました。

アクセサリーなどに使われるものの、硬度が高くないという特徴があります。

ロシアのウラル山地、南アフリカが主な産地です。




続きを読む
posted by bukakun at 06:25| 投資と貴金属のおしゃべり