2016年11月26日

保険のランキング→百円切手・ 電気炉製鋼→続く雑談

【保険のランキング】

自動車保険選びで悩んだらランキングを参考にするのもいいかも。

他の人に支持されるのには理由があるはずです。

とはいえ、保険て条件によって変わりますので、自分の条件で見た時には、必ずしもランキング通りにならないこともあります。

自分の目で判断することが大事です。





【百円切手・ 電気炉製鋼】

赤色っぽい切手で、目立つと思います。

でも目立つのはその値段もです。

もともと銭もあったころの100円切手ということで高額だったこともあり、現在では収集家泣かせの切手です。

未使用ですとかなりの高額。

でも使用済みであれば手ごろな値段で手に入るようです。






【ボツワナアゲート】

蝋光沢を持つ、灰色の縞瑪瑙のことをいいます。

アゲートにはいろいろあるけど、このアゲートも神秘的な感じを持ちますね。

パワーストーンとしても意味を持ちます。

名前はその発見地に由来しているそうです。

つまりアフリカのボツワナ共和国のこと。

主な原産国はアフリカなどです。




続きを読む
posted by bukakun at 06:52| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年11月20日

自動車保険の背景→機関車製造・500円切手→続く雑談

【自動車保険の背景】

車がどんどん増えていた時代と違い、自動車保険を取り巻く環境も変わってきています。

保険料体制の工夫など、保険会社がいろいろ知恵を絞るのも、背景の変化が大きく影響しています。

自動車離れなども叫ばれており、厳しい状況だけに、保険会社も以前より利用者が納得できるサービスに心がけるようになったのかもしれないですね。






【機関車製造・500円切手】

1949年に発行された高額切手です。

機関車というかSLの製造がデザインされています。

青色系の切手です。

まだ銭があった時代だから500円の重さが全然違います。

絵はおそらくSLの正面部分の製造過程のように見えます。

製造中の機関車の上で二人で作業する姿が描かれているのでした。





【ベリル】

緑柱石(りょくちゅうせき)ともいわれる鉱物です。

ベリリウムを含む六角柱状で、透明で美しいものは宝石になります。

見た目は無色から淡青あるいは淡緑です。

緑色のものはエメラルドと呼ばれ、ものすごく有名な宝石ですね。

また水色のものはアクアマリンとなります。



続きを読む
posted by bukakun at 06:13| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年11月14日

保険の組合せ→八円切手・炭鉱夫→続く雑談

【保険の組合せ】

自動車保険を見直すときに、どんな補償をどの程度で組み合わせるかも大事です。

重複した補償に気付いていない場合も多いので、詳しい人に聞いてみるのもよさそうです。

でもある程度は自分でも理解しないと、意外なところに補償の穴が開いてしまっては、保険としての意義がなくなってしまうので注意です。






【八円切手・炭鉱夫】

つるはしを担いで、ヘルメットを担いだ青年炭鉱夫がアップでデザインされた切手です。

1949年5月の郵便料金改正に伴う発行のようです。

色あいは茶色ですが、これって前の年に発行の黄土色の炭鉱夫の5円切手と同系色となっています。

色が違っていたほうが間違わないと思うのです、何か意図はあったのかな。






【ペリドット】

カンラン石のうち宝石として扱われるものの呼び名です。

鉄分の作用によって、緑色を示します。

かつてローマ人からは「夜会のエメラルド」と呼ばれていたそうで、歴史もあるようです。

古い産地としてセントジョンズ島が知られるそうですが、現在は枯渇しているようです。



続きを読む
タグ:保険 組合せ
posted by bukakun at 06:44| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年11月08日

通販型自動車保険→捕鯨・3円切手→続く雑談

【通販型自動車保険】

自動車保険はセールスマンが家に来て契約するというのが昔からの方法でした。

でも今は通販型と呼ばれる、契約もあります。

通販型の特徴は、その安さでしょう。

ただ、事故対応などへの不安から高齢層にはあまり浸透していない部分もあるようです。

近頃は事故対応の良さや、付帯サービスの充実も売りにする通販型もあります。





【捕鯨・3円切手】

船上で森を発射する捕鯨砲を操作する猟師さんがデザインされた切手です。

1949年発行の切手で、当時は捕鯨が盛んにおこなわれていたことを示すのでしょうね。

その後世界中で捕鯨をめぐる議論が活発になり、捕鯨は衰退していくのでした。

すごく歴史を感じる切手だと思います。






【ヘリオドール】

緑柱石(りょくちゅうせき)あるいはベリルの一種です。

ゴールデンベリルとも呼ばれ、色は黄色です。

同じベリルであるアクアマリンなどと同時に産出されるそうです。

色の原因は鉄に由来するようです。

ギリシア語で「太陽」「太陽への捧げ物」を意味する言葉からだそうです。




続きを読む
posted by bukakun at 06:51| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年11月02日

車両保険のこと→郵便配達・30円切手→続く雑談

【車両保険のこと】

車両保険は自分の車の破損や盗難に対処するための保険です。

対物賠償保険では、自分の車はフォローされません。

事故や万一のときの修理代確保に使えます。

特に高い車に乗る場合には重宝です。

高級車ともなれば盗難も心配の一つですが、保険で対応できるのは心強いことです。





【郵便配達・30円切手】

郵便配達員がまさに手紙を手渡そうとしているシーンを描いた切手です。

優しい表情でほほえみながら、左手にたくさんの手紙を抱え、右手で一通を持っています。

1949年に発行された30円切手で、青色の切手でした。

帽子をかぶり、カバンの肩掛けが見えているのでした。





【ヘマタイト】

赤鉄鉱ともいわれる、酸化鉱物の一種です。

見た目は黒から灰色の強い輝きを示します。

それで「黒いダイアモンド」とも呼ばれるみたいです。

名称はギリシア語で「血のような」を意味する言葉に由来します。

しばしば石英中の内包物として血のような茶褐色もあったりします。




続きを読む
posted by bukakun at 06:41| 投資と貴金属のおしゃべり