2016年10月27日

対物賠償保険→植林・20円切手→続く雑談

【対物賠償保険】

対人に比べると、保証金額を落とす人も多い、対物賠償です。

ところが、事故によっては対物賠償でも億を超えることもあるようです。

たとえばアクセルとブレーキを踏み間違えて、事務所やお店に突っ込んだという事故など。

そのため、高齢者などで対物も無制限にする人もいるみたいです。






【植林・20円切手】

植林を題材にしたデザインの切手です。

二人で斜面で作業する姿が描かれています。

そして「日本郵便」のほかに「植林」という二文字もかかれています。

産業切手の中で、この切手だけが、説明的な文字が入っているんだとか。

デザインした人が植林と分かってもらえないと思ったのかな。






【ペツォッタイト】

過去には緑柱石の一種と思われていたこともあったそうです。

2003年に認定された新鉱物です。

2002年にマダガスカルで発見されました。

ベリルの変種で赤色を示す宝石です。

石を丸い山形に整えるカボション・カットにすることで、キャッツアイ効果を示すみたいです。



続きを読む
posted by bukakun at 06:55| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年10月21日

人身傷害→農婦の2円切手→続く雑談

【人身傷害】

自動車保険のなかでも人身傷害保険が重宝されているみたいです。

人身傷害保険は休業補償や自分の過失分も保険金でフォローしてくれます。

ちなみに、搭乗者障害保険と被る部分があります。

そのため、搭乗者障害保険から人身傷害保険への乗り換えという人もよくいるそうです。






【農婦の2円切手】

1948年に発行された農婦がモチーフとなった2円切手です。

うすい緑色の単色の切手で、鍬を担いで、かごをしょっています。

やや後ろ横からのアングルのため、顔は見えないのでした。

なんとなくのどかな感じが表れているような気がします。

衆議院議員選挙事務用にも使われたそうです。






【ヘソナイト】

グロッシュラー系のガーネットといわれます。

オレンジ色から朱色のガーネットです。

色の原因は、鉄が不純物として含まれることなんだそうです。

環境に対しては比較的タフな石のようですが、長時間の太陽光は避けたほうがいいみたい。

パワーストーンとしても知られています。



続きを読む
タグ:人身傷害
posted by bukakun at 04:51| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年10月15日

搭乗者傷害→炭鉱夫の5円切手→続く雑談

【搭乗者傷害】

保険の見直しの際に対象になりやすいものの一つに、この搭乗者搭乗者傷害保険があります。

搭乗者傷害保険は、対人賠償保険とは別個に保険金が出るしくみです。

リスク細分型ということで、内容を詳しく見直す人が増えていく中で、この保険を外したり、逆に追加したりというのが多いんだとか。





【炭鉱夫の5円切手】

肩につるはしを担ぎ、ヘルメットをかぶったアップの炭鉱夫が描かれた5円切手です。

いろは黄土色の単色です。

前の炭鉱夫のデザインは後ろ姿の二人が働いているシーンなので印象がかなり違います。

1948年から発行された切手です。

四国切手展の小型切手シートにも採用された切手です。






【フローライト】

蛍石(ほたるいし)とも呼ばれます。

主成分はフッ化カルシウムで無色、または不純物により黄、緑、青、紫、灰色、褐色などを帯びます。

モース硬度は4であり、モース硬度の指標となっているそうです。

現在では望遠鏡や写真レンズに用いられるそうです。

透過波長領域が広い蛍石レンズとして知られます。



続きを読む
posted by bukakun at 06:55| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年10月09日

自損事故保険のこと→紡績女工15円切手→続く雑談

【自損事故保険のこと】

自損事故はある意味、自分の過失やミスであり、人的損害以外を補償する部分を保険に求める必要性は少ないのかも。

ある意味事故を起こした時の罰として、自費で車を修理するなどと考えたほうが、考えとしてはすっきりするかも。

むしろ高額になりやすい対人補償などを厚くするほうがいいと考える人は少なくないです。





【紡績女工15円切手】

1948年から発行された切手で、紡績で働く女工さんがモデルになっています。

全体的に青色の切手です。

これまであった漢数字の表記がなくなり、算用数字でのみ額面が表記されています。

違和感を感じた人も少なくなかったことでしょう。

長野の逓信展の記念シートにも採用されました。






【プレーナイト】

オランダの陸軍大佐のプレーン氏が発見したとのことで、名前はその人物に由来しています。

緑色の宝石ですが、柔らかい感じの見た目ですね。

南アフリカ産のものはケープ・エメラルドとも呼ばれるそうです。

和名は葡萄石とされ、パワーストーンとしても知られます。




続きを読む
posted by bukakun at 06:53| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年10月03日

無保険車の見直し→産業図案切手→続く雑談

【無保険車の見直し】

自賠責と違い任意保険は加入を強制されるわけではないので、入らない人もいます。

そんな保険に入っていない人相手の事故に巻き込まれた場合、相手が支払い不能、あるいは逃げてしまった場合もあるようです。

そんなとき、相手に変わって自分の保険会社が肩代わりしてくれるというもの。

結構心強いのでした。






【産業図案切手】

1948年から1949年頃には産業に関する図案の切手が多く発行されました。

いわゆる産業図案切手と呼ばれる切手です。

当時の時代を反映する産業がデザインされています。

男性も女性も、また農業や工業など多岐にわたるのでした。

産業がテーマってなんだか力を感じますね。






【プルームアゲート】

透明な玉髄中に羽のような模様のアゲートです。

様々な色を示し、非常に多様な表情を見せてくれます。

メノウというと縞模様をイメージする人も多いと思います。

でも他にも羽毛やシダのような模様もあり、これを特に「プルーム(Plume)」と呼ぶそうです。

特定の産地でまとまった量が形成されるんだそうです。




続きを読む
posted by bukakun at 06:56| 投資と貴金属のおしゃべり