2016年09月27日

対人賠償の見直し→数字の三円八十銭切手→続く雑談

【対人賠償の見直し】

任意保険の中でメインとなる対人賠償は、保険の見直しの際には注意が必要です。

いろんな場合に分かれており、状況によって対象となる場合、ならない場合が出てきます。

自賠責だけでは賠償しきれない場合も多いので、できるだけいろんな状況を想定して入っておくことが無難です。






【数字の三円八十銭切手】

郵便料の値上げに対応するために、追加で貼る用の切手だったそうです。

当時のインフレを示しているという人もいます。

1円20銭切手と3円80銭切手を貼るパターンも多かったようです。

1948年から発行され、真ん中に数字がレタリングされており、黄土色の切手なのでした。






【ブラッドストーン】

赤い斑点が血を連想させることが名前の由来です。

濃緑色半透明の玉髄であり、赤い斑点があるのが特徴です。

この石は他にも血石、血星石、血玉石、血玉髄、ヘリオトロープなどとも呼ばれます。

いろいろ呼び名があり、それだけ注目されていたという事でしょうか。

インドなどで産出されます。



続きを読む
posted by bukakun at 06:55| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年09月21日

保険の等級の変化→数字の一円五十銭切手→続く雑談

【保険の等級の変化】

等級が自動車保険の保険料に関係が深いのですが、その等級が動くときと動かないときを知ることも大事です。

たとえば、1年間事故もなく保険を使わなければ1等級上がります。

一方で事故で保険を使うと3等級下がります。

保険を使っても、火災とか盗難とかの場合は等級が変わらないです。

等級プロテクトのオプションがある場合でそれを付けていると、事故で使っても等級が下がらないです。





【数字の一円五十銭切手】

漢字と数字とバックの模様だけのデザインの切手です。

青系の単色の切手で1948年に発行されました。

いろんな絵柄の切手があっただけに、なんだか寂しいですね。

真ん中に大きな数字と、その下には漢字でも書かれています。

熊本で開かれた逓信展の記念小型シートにも使われています。






【ブラックオパール】

一つ一つが異なった特徴を持つことが、この宝石の大きな特徴です。

独特の色彩の組合わせで、同じものが見つかることがないものも。

遊色が明瞭で色合いが鮮明なものが高品質とされます。

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州北部のライトニングリッジ産地が有名です。



続きを読む
posted by bukakun at 06:55| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年09月15日

自動車保険と等級→らでん模様・縦型10円切手→続く雑談

【自動車保険と等級】

任意保険の保険料を算定する際に欠かせないのが等級です。

等級とはドライバーの実績にともなう優良度みたいなもので、1年事故を起こさないで保険を使わないと1級上がります。

逆に事故を起こして保険を利用すると3級下がります。

通常最初は6級からスタートして、そのときの投球が保険料の割引に影響するのでした。






【らでん模様・縦型10円切手】

1948年に発行された縦型のらでん模様の10円切手です。

「圓」が「円」になっており、印象もちょっと違います。

ちなみに1947年には横型のらでん模様の10円切手が発行されていました。

こちらのほうは、菊の紋章がまだあったころの切手です。

徐々に変わってきているのでした。






【ファイヤーアゲート】

主に茶色、赤、オレンジのアゲートです。

ほのおにたとえられるような色合いの石です。

パワーストーンとしても知られ、流通量も多く比較的安いほうの石のようです。

針鉄鉱や褐鉄鉱の層の上に石英の薄膜が層をなすという構造から遊色効果が表れたりするみたいです。




続きを読む
posted by bukakun at 06:57| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年09月09日

車の任意保険→清水寺・2円切手→続く雑談

【車の任意保険】

加入が強制される自賠責と異なり、加入が自由な任意保険のほうは、加入しないという人は少なくないです。

保険料も安くはないですからね。

経済的な理由で加入を見送るという人もいます。

でも、万一の事故の場合、自賠責だけで払いきれない場合も多く、経済的に立ち直れない状況に陥る場合もあります。

そうならないための任意保険です。





【清水寺・2円切手】

1948年に発行されました。

同じデザインの目打無し切手もあります。

目打無しのほうとの違いは、日本郵便が右書きから左書きになったことがあります。

そしてもう一つ、菊の紋章が消えたことです。

オレンジ色の切手で、有名な「清水の舞台」が描かれているのでした。






【ヒデナイト】

リシア輝石のうち、黄緑色や緑色のものをヒデナイトといいます。

不純物として含まれるクロムによって緑色を呈するそうです。

緑と透明の二色性を示す石です。

発見者の名前にちなんでついた名前のようです。

主にブラジルや、ミャンマー、アメリカなどで産出されるそうです。




続きを読む
posted by bukakun at 06:56| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年09月03日

自動車保険の基礎→第3次新昭和切手→続く雑談

【自動車保険の基礎】

自動車保険と一口に言いますが、実は二種類の保険があります。

一つは自賠責です。

法律で加入が義務付けられており、車検と同時に手続きするので、事故でも起こさない限り意識されることが少ないと思います。

もう一つは任意保険です。

自賠責では賄いきれない状況を補償するための保険です。

毎年掛け捨てで加入する場合が多いです。






【第3次新昭和切手】

1948年に発行されました。

大きな変化は菊花紋章がなくなったことです。

1948年は、日本は参加しなかったもののロンドンオリンピックが開催された年です。

東京裁判(極東国際軍事裁判)が結審した年でもあります。

大勢の犠牲者を出した福井大地震もこの年に発生しました。





【パール】

貝から採れる宝石です。

真珠とも言われ、6月の誕生石としても知られるメジャーな宝石です。

その知名度や汎用性から広い年齢層に支持される宝石です。

採れる過程などに応じて真珠にも種類があります。

たとえば本真珠、天然真珠、養殖真珠、南洋真珠などがあります。



続きを読む
posted by bukakun at 06:53| 投資と貴金属のおしゃべり