2016年02月24日

不動産売買と特約→勅額10銭目打ナシ切手→続く雑談

【不動産売買と特約】

不動産契約では手続きに時間がかかることもあります。

その間に地震や火災などで不動産の一部や全部がなくなるという万一も考えられます。

一般的にはその場合、契約を解除できるものですが、それについては、売買契約書をしっかり確認しておくことが大事です。






【勅額10銭目打ナシ切手】

戦時である1945年5月に発行されたそうです。

そのような時期だけに「敵国降伏」という文言が切手になるというのは怖い感じがするのでした。

裏糊も目打もなくなり、当時の苦しさを物語っている切手なのでしょうね。

ほんの数か月後には終戦を迎えるという時期だけに気持ちのこもった切手だと思います。






【ジルコン】

ケイ酸塩鉱物で、ヒヤシンス鉱とも呼ばれます。

風化変質に強いという性質があり、砕屑粒子となっても砂岩などの堆積岩にも広く見られるようです。

これをジルコンサンドと呼ぶそうです。

純粋なものは無色なんだそうですが、不純物とか結晶欠陥によって着色されてます。



続きを読む
posted by bukakun at 06:57| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年02月18日

不動産契約と手付金→乃木大将の目打なし2銭切手→続く雑談

【不動産契約と手付金】

不動産の売買では手付金というのがあります。

売主へ買主から渡されるお金です。

民法には証約手付・解約手付・違約手付の3つがあります。

証約手付とは、契約が成立した証明です。

違約手付は契約の内容が履行されないときに没収される意味合いです。

解約手付は当事者同士が手付の額を損することで契約を無条件で解除できるものです。





【乃木大将の目打なし2銭切手】

乃木大将の切手といえば、2銭切手と3銭切手が出ていましたが、1945年からも2銭切手が発行されました。

このときは終戦まじかの厳しい時期だった背景で、目打も裏糊もない切手でした。

知らない人が目にしたら、切手だと思えないかもしれないですね。

時代が生んだ珍しい切手です。






【ショール】

ナトリウムと鉄を含む黒い電気石で、鉄電気石とも呼ばれます。

電気石(トルマリン)の中で最も多いそうです。

トルマリンには無色から青も赤も黄色など様々な色のものがありますが、ショールは黒色の宝石となります。

パワーストーンとして扱われることもあります。




続きを読む
posted by bukakun at 06:52| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年02月12日

不動産購入の手順→敵国降伏の10銭切手→続く雑談

【不動産購入の手順】

不動産の購入には手順があります。

その主な流れは、まずは書面で売主に購入申込みをします。

続いて宅地建物取引業法による重要事項説明が行われます。

それで納得であれば契約、ローン申込みに進みます。

貸付承認とローン契約ができれば、手付金を除く残金を売主に支払い物件が引き渡されます。

物件の所有権の移転登記を行い、購入が完了です。






【敵国降伏の10銭切手】

戦意発揚のためと、戦勝祈願により1945年に発行され切手です。

福岡市にある筥崎宮の楼門に掛けられている勅額が図案となっています。

「敵国降伏」とかかれた勅額は、元寇の際に亀山上皇が祈願したものだとされています。

軍国主義ということで戦後追放された切手の一つです。






【ジャスパー】

碧玉(へきぎょく)とも呼ばれます。

玉髄や瑪瑙と同じ種類とのことですが、不純物をより多く含むようです。

古代においては、世界中で装飾品として用いられているようで、古くから重宝されてきた石です。

勾玉や管玉などとしての利用もあるようです。

ほかにも印材、指輪、庭石などにも使われるようです。




続きを読む
posted by bukakun at 06:52| 投資と貴金属のおしゃべり

2016年02月06日

悪質なマンション販売→靖国神社・27銭切手→続く雑談

【悪質なマンション販売】

マンション販売の中には悪質なものもあるようです。

注意が必要です。

何度も電話を掛けてきたり、家だけでなく職場までもかけてきたり。

あるいは、望まないのに長時間の勧誘をおこなったりすることもあるようです。

断るときはしっかり断り、必要に応じて専門機関などに相談することも大事です。






【靖国神社・27銭切手】

政府関係者が参拝するかどうかで揺れる靖国神社。

その靖国神社の鳥居を描いた27銭切手があります。

1945年からの発行で、残念ながら戦後、GHQの指示で逓信省令により使用が止められた切手の一つです。

ちなみに1943年に発行された17銭切手とデザインは同じですが、色違いです。





【シトリン】

黄水晶とも呼ばれ、黄色を呈する水晶です。

紫水晶を熱処理して黄色にすることもできるようです。

天然ものの黄水晶は少ないそうですが、このような加工品も出回っているんだとか。

トパーズに似ており、トパーズと共に11月の誕生石でもあります。

パワーストーンとしても知られています。



続きを読む
posted by bukakun at 06:51| 投資と貴金属のおしゃべり