2015年12月29日

不動産登記簿を閲覧→20銭切手・富士山と桜→続く雑談

【不動産登記簿を閲覧】

売買する不動産がどんな状態なのか。

それは、不動産登記簿を閲覧することでチェックできます。

不動産登記簿は手続さえすれば、誰でも見られるものです。

このチェックを怠ってはトラブルの原因になりかねません。

なお閲覧できるのは、不動産所在地を管轄する登記所です。





【20銭切手・富士山と桜】

富士山が奥に、手間に桜が描かれた切手です。

同じ20銭切手でも、前のときのほうがリアルな感じでした。

どちらからというとイラストさが増したデザインとなりました。

1944年から発行された切手です。

前の切手同様、戦後の逓信省令に触れることなく使われた切手です。






【サンストーン】

古来から太陽の力を宿す石としていわれていたそうです。

月長石と対になることから日長石(サンストーン)の名がついたんだとか。

長石グループに属する宝石とされています。

オレンジがかった赤色を呈し、アベンチュリン効果を示します。

三宅島なども産地となっているようです。



続きを読む
posted by bukakun at 06:52| 投資と貴金属のおしゃべり

2015年12月22日

不動産登記簿→17銭切手・靖国神社→続く雑談

【不動産登記簿】

不動産登記簿は、土地や建物の概要が記載されている表題部と、権利部の構成になっています。

権利部は、甲区・乙区に分かれていて、そのうち甲区には所有権に関する事項が記載されてます。

一方で乙区には、所有権以外の抵当権や貸借権などの権利に関する事項が記載されてます。






【17銭切手・靖国神社】

靖国神社の立派な鳥居がデザインされた切手です。

書留料金用に1943年から発行され、戦後の逓信省令で使用禁止されるまでの期間だけ使われました。

ちなみに靖国神社は、もともとは東京招魂社という名前でしたが、1879年に明治天皇によって改称されました。

戦争との関連の非常に深い神社です。






【サファイア】

コランダムの変種で不純物として含まれるチタンや鉄の影響で青色に呈色するんだとか。

ダイヤモンドに次ぐといわれるほどの硬度の宝石です。

歴史的には東洋から古代のヨーロッパに伝わったんだそうです。

工業的には絶縁性がよく、熱伝導率もよいため、半導体の基板にも使われるそうです。



続きを読む
posted by bukakun at 06:45| 投資と貴金属のおしゃべり

2015年12月16日

不動産登記→女子工員・1銭切手→続く雑談

【不動産登記】

不動産登記についても知っておかないと、不動産投資は始まりません。

法務局に行くと、土地登記簿、建物登記簿や付属地図などが整備されてます。

これは何かというと、土地に関する固有情報で、土地売買ではこの情報が基本となります。

一度、どんなものか目にしておくのもいいかもしれません。





【女子工員・1銭切手】

戦後の逓信省令で使用停止されることなく使い続けられた1943年から発行の切手です。

当時、若い男性が戦争に駆り出され、国内の働き手として女性が重要だったことを示しているようです。

デザインの女性の表情にも当時の状況が映し出されているのかもしれないです。






【ゴールデンオーラ】

人工的な宝石の一つです。

水晶に金を蒸着することで作られ、アクアオーラよりも低温で蒸着させるんだとか。

高価というほどではなく、手にも入りやすいです。

球状とか、もしくはビーズ状のものをブレスレットなどにしたものを目にすることも多いです。

パワーストーンとしても知られます。



続きを読む
posted by bukakun at 06:38| 投資と貴金属のおしゃべり

2015年12月10日

敷地の境界→大東亜共栄圏・10銭切手→続く雑談

【敷地の境界】

土地の境界は意外にあいまいなこともあります。

あるいは境界が図上とずれていたり、隣地から何かがはみだしていることもあるようです。

しっかり現地で確認する事がだいじでしょう。

もし境界がアイマイな場合には、隣接地所有者立会いのもとで境界を明確にしなければなりません。






【大東亜共栄圏・10銭切手】

1941年に大東亜戦争(太平洋戦争)が勃発したなか、1942年に発行された切手です。

南洋諸島を連想するヤシの木が描かれ、さらに日本と周辺の諸島や大陸の地図が描かれています。

地図はデザイン上、やや海が縮小気味です。

戦後の逓信省令で使用が停止されるまでの切手です。






【コーラル】

サンゴを利用した宝石なんだとか。

サンゴは海中では美しい光景を構成するものですが、陸上に上げても宝石として珍重されるものもあるようです。

確かに、「金、銀、サンゴ」と並び称す言葉があったりしますね。

仏教における七宝の一つとされています。

さらに3月の誕生石となっているそうです。



続きを読む
タグ:土地 境界 敷地
posted by bukakun at 06:56| 投資と貴金属のおしゃべり

2015年12月04日

不動産の現地調査→オーロワンピ燈台40銭切手→続く雑談

【不動産の現地調査】

不動産の調査で、現地調査はかなり重要です。

実際に歩いてみることも大事です。

例えば、最寄り駅から実際に歩いて地域周辺の環境や交通状況を確認したりですね。

曜日や時間帯、天候など異なる条件で見ておくことも、重大な見落しがないために重要です。

学校やスーパー、病院などの公共施設の有無、有害施設の有無なども要チェックです。






【オーロワンピ燈台40銭切手】

日本語読みするとガランビ灯台のためか、逓信省令で使用が停止されるときはガランビ灯台と書かれています。

橙色の6銭切手より遅れて、1942年から発行された切手です。

当初は同じ図案だったようですが、途中で雲が無くなったようです。

詳しい人にしか見わけはつかないでしょうね。





【コスモオーラ】

人工的につくられた宝石の一つです。

水晶に金、インジウム、ニオビウムなどを蒸着させます。

色合いは透明感のある青紫のような色で、神秘的とも言えるでしょう。

ブレスレットなどの小さな装身具に用いられ、球状もしくはビーズ状のものが多いです。

それほど高価ではないようです。



続きを読む
posted by bukakun at 06:51| 投資と貴金属のおしゃべり